企業情報

沿 革

  • 沿革概要
  • 1948~1964
  • 1965~1988
  • 1989~
1918(大正7年) 石油発動機の製造・販売のため、株式会社阪神鉄工所を設立
1929(昭和4年) ディーゼルエンジンの製造販売を開始
1937(昭和12年) ハンシンのオリジナル第一号機 Z6K800PSエンジンを完成
1944(昭和19年) 商号を現在の阪神内燃機工業株式会社に変更
1953(昭和28年) 小型舶用内燃機関に対し、業界第1号の日本工業規格(JIS)の表示を運輸大臣より許可される
1955(昭和30年) 大阪証券取引所に上場
1956(昭和31年) 可変ピッチプロペラの製造・販売を開始
1960(昭和35年) 各種集塵・ガス処理装置・油圧機器等の産業機械の製造・販売を開始
1962(昭和37年) 産業機械の専門工場として現在地の明石市貴崎に工場を建設
1965(昭和40年) 明石工場にディーゼルエンジン工場建設
株式会社木下鉄工と合併
1967(昭和42年) 玉津工場に鋳造工場を拡張建設
1978(昭和53年) 本社を現在地に移転し神戸工場(長田)を売却、明石工場を拡大しディーゼルエンジン部門を集約
1986(昭和61年) 川崎重工業㈱と業務提携し、川崎-MAN B&W 2サイクルエンジンの製造受託を開始
1990(平成2年) NPS研究会の正式会員となる
1992(平成4年) 自社開発ディーゼルエンジンの製造累計が1,000万PSに達成
1995(平成7年) ディーゼルエンジン部門において ISO9001/JISZ9901品質システムを承認取得
1999(平成11年) 低速4サイクルエンジンで初めてのNKのNOx鑑定書を取得
2008(平成20年) 『低速4サイクルエンジン用電子制御システム』をナブテスコ㈱と共同開発
2009(平成21年) 兵庫県播磨町に新工場を設立
2011(平成23年) ISO14001環境マネジメントシステムを承認取得
2013(平成25年) 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所に上場
  • 沿革概要
  • 1948~1964
  • 1965~1988
  • 1989~
ページトップへ