製品情報

エンジン監視システム

HANASYS MONITOR

"HANASYS MONITOR"は、船内でエンジンの状態を監視するシステムです。


  • 機関の状態を監視
    機関各部分の計測データをグラフィカルに表示することで、エンジンの状態を一目で把握することができます。

  • 機関の保守・点検を支援
    トレンドや工場運転成績との比較により、エンジンの状態の変化を把握することができます。これにより、経年劣化の箇所の推定に役立てることができます。

※"HANASYS MONITOR"は、船内での監視になります。陸上からの監視は含まれておりません。

システム構成図

HANASYS MONITOR 表示画面

監視画面
主画面

グラフィカルなミミック表示で運転中のエンジン各部の状況が容易に把握できます。画面の中にシリンダ毎の 冷却水温度や排気ガス温度などを1画面に表示します。

負荷性能表示

運転中のエンジンの出力・回転数を舶用特性曲線グラフ上に表示し、エンジンの負荷状態が一目でわかります。 過負荷の防止に役立つ、エンジンメーカならではの機能です。

温度計表示

計測データをアナログ式の温度計に模した画面表示にしてモニタリングすることができます。 また、シリンダ毎の排気ガス温度や偏差を並べて表示しており、各シリンダ状態が一目でわかります。

圧力計表示

計測データをアナログ式の温度計に模した画面表示にしてモニタリングすることができます。 画面にはグリーンマークを表示できるようにしているため、適正状態かどうか一目でわかります。

発電機関

発電機関の状態を一画面で確認できるようにグラフィカルに表示しています。排気温度グラフ・冷却水温度グラフ、 常用範囲の機能が一体表示となっています。

記録画面
機関記録

機関データを4時間ごとに定義計測し、これらを1日毎にまとめて自動的に印字します。また、希望する任意の時刻に、各部の データを1枚のシートにまとめた任意機関記録をプリントアウトできます。

保守・点検
シリンダ出口排ガス温度

爆発圧・排ガス温度など各シリンダ毎のデータを棒グラフで表示し、不揃いの場合、調整の賛否・処理の内容を指示します。

工場運転成績との比較

過給機入口排気ガス温度、給気圧力、過給機回転数の計測値を工場運転成績の特性曲線上に表示します。 性能変化に応じて、調整の要否や処置の内容を表示します。

トレンド表示

計測値を寺家列のトレンドで表示することで、機関の運転状態の変化を容易に把握することができます。

点検のガイダンス

機関の運転毎の点検基準を表示し、保守整備を支援します。

ページトップへ